東京都マガジン

124

もう、会社を休まなくて良い。都庁が進める行政手続きのオンライン化とは?

ご不便を強いる役所の手続き この秋、転勤でとちょう区に引っ越してきたAさん一家。さっそく週末、「転入届」を出しに役所へ行こうとホームページを調べるも、土日・祝日は手続きができないとのこと。Aさん夫婦は共働きで、平日は朝から晩まで仕事があり、窓口が開いている時間に間に合いません。仕方…

コロナ対策で「オープンデータ」活用が加速、民間人材登用で「DX」も推進

都政の構造改革に向けた「7つのコア・プロジェクト」。本日はまだ詳細をお伝えしていないコア・プロジェクトの中から、①「オープンデータ徹底活用プロジェクト」②「DX(デジタルトランスフォーメーション)推進体制構築プロジェクト」③「内部管理事務抜本見直しプロジェクト」の3つをピックアップ。…

1年前にWi-Fiもなかった都庁は3か月でどう変わった?「都政の構造改革レポート ver.0…

DX(デジタルトランスフォーメーション)を梃子(てこ)に都庁のデジタル化を進め、都政のQOS(クオリティオブサービス)の飛躍的な向上を目指す「都政の構造改革」。8月28日にキックオフしてから3か月、各局と密に連携しながら、一丸となって取り組んできました。一体どこまで進んだのでしょうか?本…

火山と野鳥の島・三宅島へのアクセス

突然ですが、三宅島ってどこにあるか知ってますか? 東京から南に186km、遠く離れた海に浮かぶ火山島、三宅島。 緯度でいうと大体紀伊半島と同じくらいです。 20年前の噴火も記憶に新しい、「東京都」でありながら大都市東京のイメージとはかけ離れた、自然あふれるダイナミックな島。 火山の他にも…

東京都三宅支庁産業課~三宅島・御蔵島の産業振興を支えるため、noteを始めます~

野鳥の宝庫、三宅島。 早朝、山肌が白み出すと、鳥たちのさえずりが降り注ぎます。 鳥たちの目覚めとともに白く輝き始める建物。 東京都の総合出先機関、三宅支庁です。 数十年に一度、噴火を繰り返す三宅島。 そして、イルカたちの棲む秘境の御蔵島。 このワイルドな二島が三宅支庁の管轄です。 …

専門家ボードに新チームを設置します!

「感染制御チーム」の設置 ● 東京iCDCでは、専門家ボードの中に「疫学・公衆衛生チーム」、「感染症診療チーム」、「検査・診断チーム」、「リスクコミュニケーションチーム」の4つのチームを設置して具体的な検討を進めています。      このたび、感染防止対策をさらに強化するため、「感染…

1年目職員の次世代職場紹介

東京都の幅広い5G施策にかかわりたい! そんな思いを胸に入都しました。 皆さんこんにちは! 私は4月より、次世代通信推進課に新規採用された1年目の職員です。 noteを開設して約3か月、私たちの様々な事業・取組を紹介してきましたが、今回は当課が一体どんな職場なのか、事業以外にはどんなこ…

西新宿における課題解決策の実証実験

西新宿スマートシティ協議会では、8月に西新宿の課題解決策を募集しました。 現在、募集した課題解決策のうち、今年度中に実施可能なものを短期実証として実施するため、現在調整を進めています。 情報は随時発信していく予定です。 今回はそのうちの一つである「実演芸能部活動コミュニティ」につい…

都民の皆さんの声をうかがいました・後編

「都民の皆さんの声をうかがいました・前半」はこちら 5.予備調査結果その2:新型コロナに対する意識 この予備調査では、都民のみなさんが新型コロナに対してどのような考えを持っているかについてもたずねています。 【これらの結果からわかったこと】 1.自分は新型コロナウイルスには感染し…

都民の皆さんの声をうかがいました・前編

1.都民のみなさんの声をうかがいました リスクコミュニケーションチームでは、広聴の第一歩として、都民のみなさんにアンケート調査を行いました。 今回のnote では、その概要をご紹介します。 なお、最初にご注意願いたいことがあります。 それは、今回のアンケート調査は、代表性の担保がされた…