見出し画像

コロナに天然痘由来ワクチン開発中           小原研究員インタビュー

東京都医学総合研究所の小原道法特任研究員と国立感染症研究所の石井孝司品質保証・管理部長は「ワクシニアウイルスベクターを用いた新型コロナウイルスワクチン」の共同開発を行いました。このたび医学総合研究所を訪ね、小原さんにワクチンについてのお話を聞いてきました。

画像4

小原研究員

〇:広報課 ★:小原研究員

一生免疫が続く?

〇:そもそもワクチンとはどういうものでしょうか?
★:生物がウイルスに感染したとき、侵入した病原体に合う「抗体」を作ることでその病原体を排除することができます。あらかじめ体内に弱毒化したウイルスやウイルスの断片を入れておき耐性をつけるのがワクチンです。

画像3

ワクチンのイメージ

〇:今回のワクチンの特徴は?
★:より弱毒化した天然痘のワクチン「ワクシニアウイルス」のDIs株にSARS-CoV-2遺伝子を導入した組換え生ワクチンです。
このワクチンを動物に接種したところ、短期間で効果が出ました。また一度受ければ一生免疫が持続すると期待されています。ウイルスの変異にも対応できると考えています。

画像2

扱いやすさはピカイチ

〇:コロナウイルスのワクチンは扱いがとても難しいと聞きますが、これはどうでしょう。
★:扱いやすいです。冷蔵もしくは室温でも保存が可能です。

副作用「ほぼなし」という優秀さ

〇:副作用はありますか?
★:天然痘ワクチンは200年にわたって使われた実績があります。今回使用したDIs株はこれまでのワクチンをさらに弱毒化したもので副作用はほとんどありません。

画像6

〇:動物での実験の結果は?
★:人間に近い反応をするカニクイザルでの実験では、肺内のコロナウイルス増殖が強力に抑制され、肺炎の症状もほとんどなし、重篤な副作用もなし、という結果が出ています。

霊長類モデルを用いた有効性・安全性評価

画像6

〇:開発の苦労はどんな点でしたか。
★:許可申請に時間がかかったことです。昨年の1月にコロナウイルスが拡大してきて実験を始めようとしましたが、遺伝子組換え実験の許可申請が二か月くらいかかります。それで海外で先に合成遺伝子などを作ってもらって準備していました。

〇:今後実用化までのスケジュールを教えてください。
★:今年の夏前ごろに人間の治験の準備に入ると思います。

画像5

みなさんへのメッセージ

〇:最後に、先生から皆さんへのメッセージをお願いします。
★:コロナを抑制する切り札はワクチンですが、みなさんに行き渡るまではまだ時間がかかります。ワクチンができるまでは3密回避など守ってください。

・この研究についての詳細は東京都医学総合研究所HP
・東京動画  東京都新型コロナウイルス感染症最新情報 ~モニタリングレポート~ 小原研究員登場回






ありがとうございます。励みになります!
8
東京都広報課が管理する東京都公式noteアカウントです。