東京都庁

東京都広報広聴課が管理する東京都公式noteアカウントです。

東京都庁

東京都広報広聴課が管理する東京都公式noteアカウントです。

マガジン

  • 東京都広報広聴課

    東京都広報広聴課発信。メジャーな都政からふだんあまり知られていない、地道に行っている都政などもご紹介します。

  • スマート東京の推進

    「スマート東京の推進」や5Gを担当している 東京都デジタルサービス推進課とネットワーク推進課からの情報発信をピックアップしています。

  • 東京都マガジン

    東京都庁関連のnoteをまとめています。

  • "東京が変わる。そのために都政が変わる"

    "東京が変わる。そのために都政が変わる" デジタルの力で都政の仕事を大きく転換し、都民サービスの飛躍的な向上を実現していく「都政の構造改革推進チーム」からの情報発信をピックアップしています。

  • 世界に冠たる「国際金融都市・東京」の実現へ

    東京都国際金融都市担当のnoteをまとめています。

リンク

最近の記事

都市のデジタルツインって!?―こんな工夫をしています、デジタルツインの情報発信―

1.デジタルツイン実現プロジェクト 大盛況の有識者会議  「都市のデジタルツインって!?」シリーズ第5回の発信です。  先日実施した、第6回 東京都における「都市のデジタルツイン」社会実装に向けた検討会には、都が主催する有識者会議としては異例の規模となる380名を超える方にお申込みいただきました。お申込み・ご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。  都市の多様なデータを集約して利活用を目指す「都市のデジタルツイン」は、デジタルサービス局だけでは実現できず、都庁

スキ
26
  • スタートアップイベント“City-Tech.Tokyo”を開催します!

    みなさん、こんにちは。今回は、スタートアップイベントのご紹介です! 来年2月に、スタートアップとのオープンイノベーションで持続可能な社会を実現するためのイベント“City-Tech.Tokyo”の第一回を開催します。 スタートアップ300ブース出展、30か国・100都市から1万人の参加を目標に、インフラ・社会基盤、環境などのテーマについて、多様なアイディアとテクノロジーで新たな都市像を導くための具体的な協業や投資拡大に繋がる場を創出します。 さらに、“City-Tech

    スキ
    7
  • 9/30(金)Invest Tokyoオンラインイベント「Tokyo: Innovation is Everywhere」を開催します!

    みなさん、こんにちは。今回は、オンラインイベントのご紹介です! 東京都は、この度、イノベーションをテーマに、東京進出に関心のある海外の企業やスタートアップの皆様に向けたイベント「Tokyo: Innovation is Everywhere」をオンラインで開催します。 第1回は、インド・バンガロールの企業等をメインターゲットとして、9月30日(金)日本時間19時00分~20時30分(インド時間15時30分~17時00分)に実施します。 イベントでは、実際に東京に拠点を設立し

    スキ
    5
  • 東京DXの新展開 "GovTech東京"設立構想を発表しました

    本日、小池知事と宮坂副知事から、東京全体のDX推進を次なるステージへとステップアップさせる「東京のDX推進強化に向けた新たな展開」を発表しました。 2019年8月、5Gネットワーク等の「電波の道」で「つながる東京」を実現する「TOKYO Data Highway」構想の発表から3年。 東京のデジタル化を爆速で進めてきた2人が、これまでの延長線上にはない、東京全体のDXを推進するための新たな展開を発表しました。 場所は、デジタルの力で東京のポテンシャルを引き出す「スマート

    スキ
    70

マガジン

マガジンをすべて見る すべて見る
  • 東京都広報広聴課
    東京都庁
  • スマート東京の推進
    東京都庁
  • 東京都マガジン
    東京都庁
  • "東京が変わる。そのために都政が変わる"
    東京都庁
  • 世界に冠たる「国際金融都市・東京」の実現へ
    東京都庁
  • 東京 i CDC - 新型コロナウイルス感染症対策
    東京都庁

記事

記事をすべて見る すべて見る
  • 東京データプラットフォーム 令和4年度ケーススタディ事業のプロジェクトが本格スタートします

     都では、「スマート東京/東京版Society 5.0」を実現するため、行政や民間の持つデータの積極的な活用を進めています。  その環境整備の一環として、データの流通をスムーズに行うための基盤となる「東京データプラットフォーム(TDPF)」を今後立ち上げる予定です。  そして、このプラットフォームができると、どんな事ができるようになるのかを、様々なユースケースで具体的にイメージしてもらおう。というのが、このケーススタディ事業の主な目的になります。  昨年度は、新型コロナウイ

    スキ
    17

    ヒナちゃん、元気に育ってね

    広報広聴課です。 「下水道局の施設の上で絶滅危惧種の鳥の巣があるらしい」 「卵が孵ったりもしているようだ」 という情報を得まして、さっそく行ってみることにしました。 羽田空港そばにある森ケ崎水再生センター。この屋上にコアジサシという名前の鳥の営巣地があるのです。 コアジサシは漢字で書くと「小鯵刺」。海岸や川などの水辺に生息し、狙いをつけて水にダイビングして魚をとらえる様子からこの名前がつけられたと言われています。英語名はリトルターン。 このコアジサシを巡って官民連携のドラマが

    スキ
    68
  • 【参加者募集中!】10月3日~9日は「Tokyo Sustainable Finance Week」です!

    東京都・FinCity.Tokyo(一般社団法人東京国際金融機構)では、サステナブルファイナンスの普及・促進を目的として、10/3~9の一週間を「Tokyo Sustainable Finance Week(東京・サステナブル・ファイナンス・ウィーク)」と題して、2つのイベントを開催します! (ちなみに、私たち国際金融都市担当の間では、「サスウィーク」と呼んでいます。) サステナブルファイナンスに関する最新の潮流について国内外のトップランナーから講演いただくイベントのほか、

    スキ
    19
  • 海底光ファイバーケーブルの維持管理に関する取組を紹介します!

     皆さん、こんにちは!島しょ通信担当です。今回は、海底光ファイバーケーブル(以下「海底ケーブル」という。)の維持管理に関する取組について、紹介させていただきます。  さて、本題に入る前にクイズコーナーです!  Q 海底ケーブルの維持管理のためには、海の中も点検する必要があります。では、点検は何が行っているでしょう。 Ⅰ.潜水艦     Ⅱ.ロボット     Ⅲ. ダイバー (解答は本文または記事の最後をご覧ください。) ► ► ► ► ► ► ► ► ► ► ► ► ►

    スキ
    30
  • 日本取引所グループ・東京証券取引所・FinCity.Tokyo共催「英文IR人材育成講座」を開催します!

    東京都は、一般社団法人東京国際金融機構(FinCity.Tokyo)と連携し、優れた技術や製品を有していながら英語による情報発信が困難な企業に対して、英文開示に係る助言やIR資料等の英語翻訳等の支援を行う、英文情報開示支援事業の取組を進めています。 この度は、英文IRの裾野をより一層広げるため、FinCity.Tokyo、株式会社日本取引所グループ及び株式会社東京証券取引所の共催により、上場会社等の経営陣、IR担当者を対象に、英文IRに取組む為に必要となる情報を発信するセミ

    スキ
    10
  • スタートアップとのオープンイノベーションへ。「都庁DXアワード」表彰式を開催しました

    「スタートアップ戦略に本気で取り組みます。」そう宣言した8月26日、南場経団連副会長と小池知事のスタートアップに関するトークセッションに続き、同じ場所で「都庁DXアワード」の表彰式を開催しました。 「都庁DXアワード」とは、都庁内のデジタルを活用した優れた実践の取組を表彰するもので、今年度創設し、初めて表彰を行いました。このアワードは都政現場における地道な創意工夫にも光を当て、「褒めあう文化」を作り、「自分もチャレンジしてみよう」という気運を都庁内に醸成しDXを展開していき

    スキ
    46
  • 実録!!各局支援担当の一日~DX支援の最前線~

    皆さんこんにちは、各局支援担当です。 前回の記事では都庁デジタル化のために各局をサポートしている仕事内容についてご紹介しております。 まだご覧になっていない方は是非以下のURLからご覧いただければ幸いです。 前回の仕事紹介に続き、今回は各局支援担当の一日の業務内容をインタビュー形式で紹介させていただきたいと思います。 ■各局支援担当者へのインタビュー(一日の流れ等) 【インタビューを受ける方】 名前:支倉 援太郎(はせくら えんたろう)さん     ※職務の都合上仮名で

    スキ
    33

    地震、台風・・ないと困るもの、知ってる?

    広報広聴課です。 やっと少し暑さも和らいで秋の声が近づいてきました。気持ちのよい季節ではありますが、秋になるとアイツが日本列島にやってくる・・。 アイツとは秋の風物「野分」つまり「台風」です。2019年10月に発生した「台風19号」をおぼえている方も多いのではないでしょうか。 これまでに経験したことがないほどの大雨が降り、一級河川の堤防が決壊して住宅や福祉施設に人が取り残されました。また各地で土砂災害も起きました。 台風上陸で住宅の被害状況は 全壊85棟、半壊324棟、床上

    スキ
    10
  • For Startup Leaders from Tokyo Metropolitan Government

    We, Tokyo Metropolitan Government, believe that the innovation by startups creates growth in Tokyo and helps to solve various social issues. You are an essential partner in realizing Tokyo's future together. We really mean it. For the fi

    スキ
    11
  • スタートアップ戦略に本気で取り組みます!Team Tokyo Innovation 始動

    先日発表した「シン・トセイ加速化方針2022」で、私たちは「庁内横断のチームでスタートアップとの協働を更に推進します」と宣言しました。 2022年8月26日、本日より、東京都とスタートアップとの協働は新たなステージに突入します。 まず、これまで都庁内の各局がバラバラに動いていたスタートアップ施策の窓口を一元化し、ワンチームで動いていくことにしました。 チーム名は「Team Tokyo Innovation」です。宮坂副知事を全体統括リーダーとして、新たに設置するスタート

    スキ
    70
  • カーボンゼロを目指す新しい資産運用のカタチ~東京金融賞「グリーンファイナンス知事特別賞」受賞企業の取組~

    東京都では、2018年度から「東京金融賞」を実施しています。 昨年度(2021年度)は、ESG投資部門の受賞事業者のうち、グリーンファイナンスの観点から特に優れた事業者を表彰する「グリーンファイナンス知事特別賞」を新たに創設しました。 昨年度の表彰式の記事はこちら↓ この度、「グリーンファイナンス知事特別賞」を受賞された大和アセットマネジメント株式会社にインタビューしましたのでご紹介いたします!! ※トップの写真は山梨県笛吹市の植樹活動にて撮影された、大和証券および大和

    スキ
    26
  • 様々な取組が西新宿で進行中!~~西新宿スマートシティ協議会~~

     皆様こんにちは。東京都では2019年度から、地元のエリアマネジメント団体である(一社)新宿副都心エリア環境改善委員会と共同で「西新宿スマートシティ協議会」(以下「協議会」という。)を運営し、地元企業をはじめとする様々なステークホルダーと連携しながら、西新宿の街をスマートシティにしていく取組を推進しています。 西新宿LOVE Walker のYouTube Liveが配信!  今年度は、西新宿で行われている様々なスマートシティの取組を多くの皆様に知っていただくため、情報発

    スキ
    22