見出し画像

500円で優雅なテレワーク 多摩サテライトオフィスオープン

コロナ対策として始まったテレワーク。満員電車に乗らなくてもいい、通勤時間が減るなどいいこともありますが、自宅で行うテレワーク困ったあるあるを挙げると(筆者の場合)、
「作業用の机がなくて床に座ってやると疲れてしまう」「ネコがひざに乗ってきてとても重い」などなど。
小さいお子さんのいる家庭では「子どもが部屋に入ってきてしまって困る」「専用の部屋がないからリビングを占領し、他の家族の居場所がなくなって白い目で見られる」といった声も聞きます。
そんなお悩みを解決できるかもしれない事業がスタートしました。

なんと500円で使えます

都はコロナ対策によるテレワーク緊急強化月間にあわせ、自宅周辺でテレワークを行おうとする方にサテライトオフィスを提供するという取組をはじめています。しかも値段はなんと今だけ500円!(なんとかショッピングのようですみません・・。)
今回はサテライトオフィスとして部屋を提供している立川駅前の「ホテルエミシア東京立川」を取材しました。

画像1


「ホテルエミシア東京立川」は駅から徒歩2分という立地の良さ。外観はおしゃれなシティホテル。このホテルのタワー館の部屋30室をテレワーク用オフィスとして提供してくれているのです。

画像2

フロント前で消毒や体温計測、健康チェックシートを記入

画像3

備品もバッチリ

時間帯は朝の9時から夜7時まで使えます。部屋の中はとってもきれい。デスクやイス(このイス、グレード高いものでした!)空気清浄機もあります。備え付けのシャワーは使えませんがトイレは利用できます。一階はコンビニと直結しているし、エレベーター前には電子レンジやプリンターもあって超便利。
こんなところだったらネコに気兼ねせず仕事がはかどるだろうなあと思わずウットリです。

画像4

シンプルできれいな室内(モデルは都の職員です)

画像5

テレワークの人向けのひざかけ、プリンター、電子レンジ、筆記用具など

土日祝ならまだ余裕あり

事業開始の2月15日から大人気で「当初20室の提供予定だったところあまりの人気に都から〝もう少し増やして〞と依頼があり30室にしました。平日は会社員の方、土日祝日はフリーランスの方が多いです。土日祝のほうが比較的空きがあります」と宿泊支配人の境田康広さん。

画像6

境田康広さん

事業終了後も継続したい

都の事業としては3月20日までですがそのあともテレワークとして使いたい人のために、ホテル独自のテレワークプランを準備しているそうです。
一番大変なことはやはりコスト面。できるだけ安くして皆さんが使いやすいようにしたい、とのことですが、部屋の清掃などには人件費などがかかります。また、普通ホテルはお客さんがチェックアウトしたあと清掃をしますが、テレワークは9時から開始。現状では朝の7時から9時の間に清掃を行っているのだそうです。

ベッドを使わないのでベッドメイキングが省ける、シャワーも使用しない約束なのでタオル等の交換が不要、といったところでなんとかコストを抑えて提供できるようにと考えているそうです。

自宅のそばにサテライトオフィスがある方はぜひ使ってみてください。
筆者もネコさんに愛想尽かされる前に使ってみたい・・トホホ


<利用方法>
期間は3月20日まで。
都内在住、在勤の方ならどなたでも使えます。各自ホテルに直接申し込んで予約を取ります。
利用の際は身分証明書や勤務先からの簡単な同意書などが必要なので、下記のホームページで確認してください。

ホテルによって終了期間は異なります。詳しくは各ホテルのホームページをチェックしてください。

また、テレワークアプリも便利です。

https://tokyo-telework.jp/lp/2002app/index.html
ダウンロードはこちらから
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.tokyo.metro.teleworkApp



ありがとうございます!
17
東京都広報課が管理する東京都公式noteアカウントです。