「誰もが当事者になる、今だから。いまこそ、大切なこと。」今日から人権週間です。
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

「誰もが当事者になる、今だから。いまこそ、大切なこと。」今日から人権週間です。

こんにちは。広報課note運用チームです。

今日、12月4日から10日までは「人権週間」。
この期間、人権尊重思想の普及高揚を図るため、全国各地で様々なキャンペーンが行われます。
東京都でも、この人権週間を中心として、誰もが明日に夢をもって活躍できる都市、多様性が尊重され、温かく、優しさにあふれる都市、人権が尊重された都市の実現を目指して人権週間キャンペーンを実施します。

実は、広報課note運用チームは、このキャンペーンの一部、テレビコマーシャル等の制作・配信・放送にも関わっているのです。
「誰もが当事者になる、今だから。いまこそ、大切なこと。」をキャッチフレーズとしたテレビCM、ラジオCMを制作して、関東地区地上波テレビ局、関東地区ラジオ局で放送するほか、渋谷地区のデジタルサイネージ、JRや地下鉄の車内ビジョンで放映中です。(動画の公開は、令和2年12月28日に終了しました)

「誰もが違いを認め合い、受け入れあう社会を目指していく」というメッセージ、お届けすることができたでしょうか。

キャンペーンについてはこちらから。

ありがとうございます。励みになります!
東京都広報課が管理する東京都公式noteアカウントです。