東京都マガジン

124

専門家ボードのメンバーはどんな人?⑭(感染制御チーム 具 芳明先生)

こんにちは。東京iCDCの事務局です。 東京iCDCの専門家ボードに参画いただいている先生方を順番に紹介していきます。 14回目は、感染制御チームの具 芳明(ぐ よしあき)先生です。 ―Q 最初に自己紹介をお願いします。 私は感染症を専門とする内科医です。 現在は国立国際医療研究センター病…

あなたはどう思いますか?:新型コロナに関する都民意識アンケートを実施しました(後編…

こんにちは。東京iCDCリスコミチームです。 緊急事態宣言下での都民意識アンケートの結果報告の後編です。 前編の報告では、宣言期間中に、多くの都民が基本的な感染予防対策を励行していることをお示ししました。 「あなたはどう思いますか?:新型コロナに関する都民意識アンケートを実施しました(…

あなたはどう思いますか?:新型コロナに関する都民意識アンケートを実施しました(前編…

こんにちは。東京iCDCリスコミチームです。 2回目の緊急事態宣言が発出されて2ヶ月近くが経ちました。 宣言下で都民のみなさんは、新型コロナに対してどのような意識を持ち、どのような対策をとっているのでしょう。その実態を把握するため、アンケート調査を実施しました。結果を前編・後編に分けてお…

専門家ボードのメンバーはどんな人?⑬(疫学・公衆衛生チーム 西浦 博先生)

東京iCDCの専門家ボードに参画いただいている先生方を順番に紹介していきます。 13回目は、疫学・公衆衛生チームの西浦 博(にしうら ひろし)先生です。 Q.最初に自己紹介をお願いします。 A.みなさん、こんにちは。京都大学の西浦博と申します。私は感染症の流行データの分析を専門にして…

データから読み解く 新型コロナのリスクとは

こんにちは。東京iCDCの事務局です。 様々な研究・報道などにより、少しずつ新型コロナのことが分かってきましたが、将来の予防法や治療法の開発のために活用可能なデータとするには、継続的な研究が必要不可欠です。 今回は、東京iCDCの「感染症診療チーム」メンバーである、国立国際医療研究センター…

後遺症の恐怖―コロナのその後について、大曲先生にお聞きしました。

こんにちは。東京iCDCの事務局です。 今回は後遺症についてです。新型コロナが流行してから1年が経ちますが、感染者の増加とともに、その後遺症についても、分かってきたことがあります。 東京iCDCの「感染症診療チーム」メンバーである、国立国際医療研究センターの大曲先生に、お話をお聞きします。…

専門家ボードのメンバーはどんな人?⑪(微生物解析チーム 松山 州徳先生)

東京iCDCの専門家ボードに参画いただいている先生方を順番に紹介していきます。 11回目は、微生物解析チームの松山 州徳(まつやま しゅうとく)先生です。 Q.最初に自己紹介をお願いします。 A.国立感染症研究所ウイルス第三部の松山です。コロナウイルスを中心に、様々な呼吸器ウイルスの…

新型コロナの「抗体」、どれくらいの人が持っているのでしょうか?小原先生にお聞きしま…

こんにちは。東京iCDCの事務局です。抗体という言葉、ニュースなどで耳にしたことのある方も多いかもしれません。細菌やウイルスが人間の体に入ると、これに抵抗して体を守ろうとする働きがあります。このときに働くタンパク質のことを抗体と言います。 この度、新型コロナウイルスに対する抗体をどれ…

コロナ感染対策を担う専門家チームの実態に迫ります

こんにちは。東京iCDCの事務局です。 新型コロナウイルスに関するニュースで、「集団感染」という言葉を耳にした方も多いのではないでしょうか。人から人へ広がるウイルスは、時として一度に多くの人が感染することがあります。今回は、集団感染が発生した際に活躍する専門家チーム「東京都実地疫…

専門家ボードのメンバーはどんな人?⑩(研究開発チーム 井元 清哉 先生)

東京iCDCの専門家ボードに参画いただいている先生方を順番に紹介していきます。 10回目は、研究開発チームの井元 清哉(いもと せいや)先生です。 Q.自己紹介をお願いします。 A.東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センターの井元清哉(いもとせいや)と申します。この度、東京iCDC専門…