マガジンのカバー画像

東京都マガジン

330
東京都庁関連のnoteをまとめています。
運営しているクリエイター

#ESG

令和4年度のグリーンボンド等発行に伴う支援事業を開始しました!

みなさま、こんにちは! 今回の記事では、令和4年度のグリーンボンド補助金*の募集開始についてご紹介します。 (*正式名称:令和4年度東京都グリーンボンド等促進体制整備支援事業補助金) この事業は令和3年度から実施しています。 (以下の記事は去年事業を開始した時の記事です。なぜこの取組を始めたのか、当時の担当者が思いを語っているので、こちらも併せてご覧ください!) 令和4年度も支援事業を継続するにあたって、なにか東京都独自のカラーを出すことができないか、担当者として悩みまし

スキ
26

外国企業集結!グリーンファイナンス外国企業進出支援事業の選定企業と面談しました!

 みなさんこんにちは。  先日ご案内した「グリーンファイナンス外国企業進出支援事業」の選定企業とオンライン面談を本日実施しました!  選定企業については、ぜひこちらをご覧ください。  時差もある中、すべての選定企業に出席いただけました。  最初に児玉局長から、グリーンファイナンスに対する取り組みや選定企業への期待の話があり、その後、各社から「東京進出理由」、「本事業へのコメント」、「今後の抱負」について語っていただきました。  企業からのコメントの中には、「他国にはない非

スキ
15

(一社)東京国際金融機構(FinCity. Tokyo)が「英文情報開示支援事業」の支援対象企業を募集しています!

みなさん、こんにちは! 今回の記事では、英文での情報開示支援の取組について投稿します。 東京証券取引所の旧市場区分が市場第一部の企業で、英文での情報開示を行っている会社は、3割程度です※1。 このような状況を踏まえ、海外投資家から東京市場や東京の企業に目を向けてもらうとともに、企業の海外展開にも資する、英文での情報開示を後押しします! 具体的には、経営資源が限られる上場後間もない企業で、海外展開を視野に事業活動し、ESGの取組を推進する企業を対象に、支援プログラムを無

スキ
11

国際金融都市・東京の実現に向けた「都と有識者等による合同ミーティング」を開催!

 政策企画局戦略事業部では、昨年11月に「国際金融都市・東京」構想2.0を公表し、この構想に掲げた取組を強力に推進することで、世界をリードする「国際金融都市・東京」の実現を目指しています。  また、東京を世界一ビジネスしやすい都市へと進化させるため、国と連携し、特区制度を活用した規制改革等を提案・実施するとともに、東京のイノベーション創出につながる外国企業等を誘致する取組を行っています。  この度、こうした取組をさらに深化・加速化していくため、宮坂副知事、国際金融フェローの山

スキ
15

グリーンファイナンス外国企業進出支援事業 支援対象企業決定のお知らせ!

 みなさんこんにちは!今年度もよろしくお願いいたします。  先日お知らせした「グリーンファイナンス外国企業進出支援事業」の支援対象企業が決まりましたのでお知らせします!  私たちは「『国際金融都市・東京』構想2.0」を打ち出し、「グリーン」と「デジタル」をキーワードに取組を進めています。 (以下のページで紹介しています。ぜひ、こちらもご覧ください!)  グリーンファイナンス外国企業進出支援事業は、その実現に向けた施策の一つとして、グリーンファイナンスに取り組む海外の資産

スキ
11

Tokyo-London Financial Seminar 2022をアーカイブ配信で御覧いただけます!

みなさん、こんにちは。 2月15日(火)に東京都と英国シティ・オブ・ロンドンとの共催で開催したTokyo-London Financial Seminar 2022が、現在アーカイブ配信にてご覧いただけます。 アーカイブ動画はこちら どなたでもご視聴頂けますので、是非、ご覧ください。 今年度は、フィンテックの今後の展望をテーマに、両都市のフィンテック界の最前線で活躍する方々に多数ご登壇いただき、最新の動向や取組などを紹介しています。 【プログラム】 セミナーについて

スキ
11

東京金融賞2021 受賞事業者の決定及び 表彰式の開催について

 みなさん、こんにちは!  以前から何度かご紹介している「東京金融賞」について、ついに受賞事業者が決まりましたので紹介します。  私たちは「『国際金融都市・東京』構想2.0」を打ち出し、「グリーン」と「デジタル」をキーワードに取組を進めています。 (以下のページで紹介しています。ぜひ、こちらも見てください!)  東京金融賞はこの象徴的な取組であり、「金融イノベーション部門」と 「ESG投資部門」の2部門から構成されています。   以下の通り、昨年5月から『都民の皆様のニ

スキ
19

「都民向け金融セミナー」のアーカイブ動画を公開しました!

10月23日(土)に開催した「都民向け金融セミナー ~基礎からわかる金融の知識とサステナブルファイナンス~」のアーカイブ動画をYouTubeに公開しました。 「都民向け金融セミナー」は、持続可能な都市づくりに貢献するESG投資やサステナブルファイナンスの普及、及び同分野における東京都のプレゼンスの向上等を目的として10月14日から23日まで実施された「Tokyo Sustainable Finance Week(東京・サステナブル・ファイナンス・ウィーク)」内のイベントの一

スキ
13

「東京・サステナブル・ファイナンス・フォーラム」のアーカイブ動画を公開しました!

2021年10月15日(金)に「東京・サステナブル・ファイナンス・フォーラム」を開催しました。 本フォーラムは、持続可能な都市づくりに貢献するESG投資やサステナブルファイナンスの普及、及び同分野における東京都のプレゼンスの向上等を目的として10月14日から23日まで実施された「Tokyo Sustainable Finance Week(東京・サステナブル・ファイナンス・ウィーク)」内のイベントの一つです。 当日は、世界的に著名な有識者の方々にご登壇いただき、サステナブ

スキ
8

「国際金融都市・東京」構想を改訂 ~計画策定から実践のステージへ‼~

みなさん、こんにちは! 都は、本日11月1日、「『国際金融都市・東京』構想2.0 ~サステナブル・リカバリーを実現し、世界をリードする国際金融都市へ~」(以下、「構想2.0」)を策定しました。 こちらの記事でお知らせのとおり、都は国際金融情勢の変化等に対応した取組の展開に向け、昨年11月に有識者懇談会を設置し、約1年間に亘り、「『国際金融都市・東京』構想」(2017年に策定)の改訂に取り組んできました。 今年7月には「『国際金融都市・東京』構想改訂(案)」を公表し、8月末

スキ
13

サステナブルエネルギーファンドの創設に向け動き出しました!

みなさん、こんにちは! 今回の記事では、サステナブルエネルギーファンドについて紹介します。 6月10日、6月17日の記事のとおり、「『Tokyo Green Finance Market(仮称)』の実現に向けた検討委員会」において提言が取りまとめられ、グリーンファイナンスの発展に向けて取組を始めています。 ■関連記事 2021/10/12 グリーンボンド等発行に伴う支援事業を開始しました! このたび、グリーンファイナンスの発展に資するとともに、脱炭素社会構築の一助を担う

スキ
34

新たに都内に進出いただける、グリーンファイナンスに取り組む外国企業(資産運用・Fintech)の募集を開始しました~最大5社に対し、最大5,000万円を補助~

皆さんこんにちは。 今年度からの新規事業である「グリーンファイナンス外国企業進出支援事業」の支援対象となる企業の募集を開始しました。 都が展開をしている事業内容の一端を御理解いただければ幸いです。 ○ グリーンファイナンス外国企業進出支援事業とは?  東京都は、ポスト・コロナを見据えながら、気候変動対策を推し進め、経済・社会の持続可能な復興を目指す「サステナブル・リカバリー」を推進し、これを確かなものとするために、未来に向けた投資であるグリーンファイナンスの更なる普及、マー

スキ
9

グリーンボンド等発行に伴う支援事業を開始しました!

みなさん、こんにちは! 今回の記事では、グリーンボンド補助金*の募集開始について投稿します。(*正式名称:令和3年度東京都グリーンボンド等促進体制整備支援事業補助金) 6月10日、6月17日の記事でご紹介した通り、「『Tokyo Green Finance Market(仮称)』の実現に向けた検討委員会」において、東京におけるグリーンファイナンスの発展に向けて、提言が取りまとめられました。 提言の中で、グリーンファイナンス市場の発展について、 グリーンボンドの発行等に必

スキ
22

「Tokyo Green Finance Initiative(TGFI)~グリーンファイナンス発展に向けた提言~」の英語版を公表しました!

みなさん、こんにちは! 今回は「Tokyo Green Finance Initiative(TGFI)」について投稿します。 7月6日の記事でご紹介したとおり、グリーンファイナンスの発展を図るため、まずは東京都が英語での情報発信に取り組むべく、取りまとめられた提言の英語版概要を公表したところです。 そしてこのたび、提言全文の英語版も作成いたしましたので、ぜひご覧ください! ”Tokyo Green Finance Initiative(TGFI): Proposals

スキ
17