マガジンのカバー画像

世界に冠たる「国際金融都市・東京」の実現へ

101
東京都国際金融都市担当のnoteをまとめています。
運営しているクリエイター

記事一覧

Tokyo-London Financial Seminar 2023を開催します!【参加者募集中】

皆さんこんにちは!  今回は、英国シティ・オブ・ロンドンとの共催イベントのご案内をします。 東京都は、2月2日(木曜日)の日本時間18時30分から、ロンドンにて、Tokyo-London Financial Seminar 2023を開催します。 <イベントの特設ページはこちら> 2018年1月に始まった都とシティとの共催による本セミナーは、東京都とシティの連携の象徴として開催されており、今回で7回目となります。 今回のセミナーでは、小池知事やロードメイヤーをはじめ、

FinCity.Tokyo主催の対面イベント【参加者募集中】Collaboration with global firms - New year roundtable & networking Event を開催します!

FinCity.Tokyo(一般社団法人東京国際金融機構)では、1月26日(木)にCollaboration with global firms - New year roundtable & networking Eventを開催します! FinCity.Tokyoが開催するNetworking Eventってなに? 東京に進出した金融系外国企業(資産運用業及びフィンテック企業)が、都内でのビジネス機会の拡大や金融エコシステムへ円滑に参入ができるように、国内の金融事業者等

FinCity.Tokyoがトランジションファイナンスをテーマにしたウェビナーを開催します!

FinCity.Tokyo(一般社団法人東京国際金融機構)では、12月7日(水)に「トランジションファイナンス」をテーマにしたウェビナー「Tokyo: Accelerating the Momentum for Transition Finance」を開催します! トランジションファイナンスとは? 現時点では、どうしてもCO2などの温室効果ガスの大量排出を伴う産業があります。たとえば、鉄鋼、化学、電力などの産業ですが、そういった産業の関連企業にとっては、今すぐに温室効果ガ

AIチャットボットサービス(eビジネスコンシェルジュ)を開始いたしました!

みなさん、こんにちは。今回は、AIチャットボットサービス(eビジネスコンシェルジュ)のご紹介です! 東京都では、優れた技術やノウハウを持つ外国企業・外国人起業家の方を東京に誘致する取組をしています。都内企業と協力してビジネスを展開することで、新しい事業やサービスなどが創出され、経済の活性化、都民の皆様の豊かな生活の実現に貢献できると考えているからです。 外国企業を誘致するために、東京都では「Invest Tokyo」というウェブサイトを立ち上げ、東京都の支援や東京のビジネ

FinCity.Tokyo主催【参加者募集中】Global Embedded Finance Pitch & 3rd Networking Eventを開催します!

FinCity.Tokyo(一般社団法人東京国際金融機構)では、12月8日(木)にGlobal Embedded Finance Pitch & 3rd Networking Eventをオンラインにて開催します! FinCity.Tokyoが開催するNetworking Eventってなに? 東京に進出した金融系外国企業(資産運用業及びフィンテック企業)が、都内でのビジネス機会の拡大や金融エコシステムへ円滑に参入ができるように、国内の金融事業者等との交流を図り、企業間のネ

シティ・オブ・ロンドン ロードメイヤーの就任式典の模様をレポートします!

国際金融都市担当では、都と交流・協力関係にある英国シティ・オブ・ロンドン・コーポレーションに研修生を派遣しています。研修生は、国際金融に関する施策やプロモーション活動のノウハウなどを吸収しているほか、日々の業務で得られた知見や人脈を、リアルタイムで都の事業展開に還元しています。 今回は、シティの長であるロードメイヤーの紹介と11/11に行われたその就任式典の模様について、この研修生による現地レポートをお届けします! Lord Mayor(ロードメイヤー)とは? Noteを

「令和5年度 国の予算編成に対する東京都の提案要求」を行いました!

みなさん、こんにちは! 寒さも厳しくなってきて、冬が近づいていますが、みなさま風邪をひかぬようお気を付けくださいませ。 さて、この季節は東京都にとっては「国提案」の季節でもあります。この時期は、国(各省庁)で来年度の予算、つまり、来年度どんなことに取り組むかを決めていきます。それに合わせて、東京都から実現してほしいこと、気を付けてほしいことなどの要望や提案を行うものです。 我々は、国際金融都市・東京の実現を目指していますが、そのためには、都は、自らの取組に加え、国や民間団

「英文IR人材育成講座」アーカイブ作成のお知らせ

 東京都は、一般社団法人東京国際金融機構(FinCity.Tokyo)と連携し、優れた技術や製品を有しており、英語による情報発信に意欲的な企業に対して、英文開示に係る助言やIR資料等の英語翻訳等の支援を行う、英文情報開示支援事業の取組を進めています。  こうした英文IRの裾野をより一層広げるため、FinCity.Tokyoは、9月26日(月)及び10月5日(水)に、株式会社日本取引所グループ及び株式会社東京証券取引所との共催により、英文IRに必要な情報を発信するセミナー「英文

東京サステナブルNavi、いよいよ正式版としてリリースしました!

みなさん、こんにちは。 中小企業のみなさん向けのESGお役立ちサイトとして、東京都が6月にベータ版を公開していた「東京サステナブルNavi」 このたび、みなさまからのご意見を踏まえて改善を行い、正式版としてリリースしました! 今回の記事では、どのようにバージョンアップしたのかご紹介します。 (※6月30日にベータ版をリリースした時の記事は以下をご覧ください。) ①優れた取組をしている経営者様の生の声をヒアリングしました! 自社の取組を検討する際に参考となるように、SDGs

【まだまだ参加者募集中】10/25(火) 18:30~グリーンファイナンス・セミナーのプログラムをご紹介します!

皆さんこんにちは。 まず はじめに、本日、この「国際金融都市・東京」Noteのフォロワーが600人に到達しました! いつもお読みいただいている皆様、そして今この記事をご覧いただいている皆様、ありがとうございます。 フォローがお済みでない方は、ぜひフォローいただけると幸いです! さて今日は、9月30日にご紹介した「グリーンファイナンス・セミナー2022」について、改めてご案内します。 ※ 9月30日の記事はこちら 今回のセミナーでは、主催者である小池都知事、英国シティ・オ

FinCity.Tokyo主催【参加者募集中】Global AssetManagers Pitch& 2nd Networking Eventを開催します!

FinCity.Tokyo(一般社団法人東京国際金融機構)では、10月26日(水)にGlobal Asset Managers Pitch & 2nd Networking Eventをオンラインにて開催します! FinCity.Tokyoが開催するNetworking Eventってなに? 東京に進出した金融系外国企業(資産運用業及びフィンテック企業)が、都内でのビジネス機会の拡大や金融エコシステムへ円滑に参入ができるように、国内の金融事業者等との交流を図り、企業間のネッ

第1回「若者向け金融セミナー」アーカイブを掲載しました!

東京都・FinCity.Tokyo(一般社団法人東京国際金融機構)では、9月10日(土)に第1回「若者向け金融セミナー」をオンラインで開催し、多くの方にご参加いただきました! 当日は、AKB48の武藤十夢さんを司会に、藤沢久美さん((株)国際社会経済研究所理事長)、奥野一成さん(農林中金バリューインベストメンツ(株)(NVIC) 常務取締役兼最高投資責任者(CIO))を講師にお迎えし、「『お金』って何?」をテーマに、お金や投資についてお話いただきました。 アーカイブ動画はYo

【参加者募集中】10/25(火) 18:30~ グリーンファイナンス・セミナーを開催します!

皆さんこんにちは! 今回は、英国・ロンドンと連携したイベントのご案内です。 東京都は、10月25日(火曜日)の日本時間18時30分から、駐日英国大使館、シティ・オブ・ロンドンとの共催で、グリーンファイナンス・セミナーを開催します。 ■ グリーンファイナンスとは? 地球温暖化対策や再生可能エネルギーなどに向けた新しい技術の開発や設備の導入には、多額の資金が必要です。こうした環境改善に向けた膨大な投資需要に対して資金を供給するのがグリーンファイナンスです。 都では、2017

金融法務・コンプライアンス人材育成講座が始まります!

みなさん、こんにちは。 今回は、以前にご紹介した「金融法務・コンプライアンス人材育成講座」について、事務局担当者の立場から、募集状況の裏側をお話ししたいと思います。 <申込みがたくさん!> 8月12日から募集を開始した本講座ですが、なんと、わずか数日で総定員を超過する申込みを頂きました! 新たな取組でしたので、実際に多数の皆様にご関心を持って頂けたことはとてもうれしかったです。 担当者としては、ニーズを踏まえて準備した講座であるという気持ちはあったものの、それでも、申込