スマート東京の推進

55
次世代ウェルネスソリューション構築に向けた3つの事業化促進プロジェクトを選定しました
+15

次世代ウェルネスソリューション構築に向けた3つの事業化促進プロジェクトを選定しました

 皆さんこんにちは!東京都では、デジタルの力で東京のポテンシャルを引き出す「スマート東京」の実現に向け、先端技術等を活用した分野横断的なサービスの都市実装を目指しています。  この取組の一環である、「次世代ウェルネスソリューション」構築支援事業では、健康・医療といったウェルネス分野におけるデータを活用した予防研究や新たなサービスの開発につながる社会実装モデルを検討するため、株式会社NTTドコモ、株式会社CureApp、株式会社べスプラがそれぞれ中心となって行う、将来的な事業化

スキ
10
今回は、東京都が日々保守管理している海底光ファイバーケーブルの修理について紹介します!【保守管理編】

今回は、東京都が日々保守管理している海底光ファイバーケーブルの修理について紹介します!【保守管理編】

突然ですがまた問題です。 Q1 世界で最初の海底ケーブルは、英仏海峡に敷設されました。当時の通信は電信でしたが、初めて海を越えての通信が可能となりました。では、敷設した年は次のうちどれでしょう。 [ ヒント💡 日本はまだ「江戸時代」ですね。] Ⅰ.1869年    Ⅱ.1602年     Ⅲ.1851年 Q2 日本で最初の海底ケーブルは、デンマークによって長崎~上海間に敷設されました。このケーブルにより、日本と海外との間で国際通信が可能となりました。さて、このケーブル

スキ
20
チャットボットはAIが自動で回答してくれるの?~内情をお話しします~

チャットボットはAIが自動で回答してくれるの?~内情をお話しします~

 こんにちは!  今日は、デジタルサービス推進課で運用している、東京都の新型コロナチャットボットについてご紹介します。 新型コロナチャットボットとは?  東京都の新型コロナウイルス対策に関する皆さんがお知りになりたい情報について、チャットでお答えするサービスです。  東京都公式ホームページの右下にアイコンが設置されており、これをクリックするとチャットボットの画面が現れます。表示される項目から選択したり、個別に質問を入力することにより、内容に応じた回答が表示され、知りたい情報

スキ
68
都市OSって何だ? ~西新宿スマートシティ協議会 勉強会レポート~
+6

都市OSって何だ? ~西新宿スマートシティ協議会 勉強会レポート~

 皆さんこんにちは。東京都では昨年度から、地元のエリアマネジメント団体である(一社)新宿副都心エリア環境改善委員会と西新宿スマートシティ協議会を運営し、地元企業をはじめとする様々なステークホルダーと連携し、都庁のお膝元の西新宿の街をスマートシティにしていく取組を推進しています。 勉強会について  協議会では、今年度から新しい取組として、スマートシティに関連するテーマについて協議会PTメンバーの理解を深めるため、勉強会を実施しています。勉強会は持ち回りで実施しており、担当する

スキ
29
東京都の誇るKing Salmon たちをご紹介します!
+12

東京都の誇るKing Salmon たちをご紹介します!

 みなさん、こんにちは!スマートシティ推進担当です。  今回は、スタートアップのプロダクトを都政現場に導入し、その現場の課題をスタートアップの力で解決をしていくことを目指している「King Salmon Project(キングサーモンプロジェクト)」と、そこから生まれた輝くスタートアップ「King Salmon」たちについて、ご紹介したいと思います。  そもそも、King Salmon Projectって、「なに、これ!?」「なんなの、この名前!?」と思った方も多いかと思い

スキ
19
5Gを活用し西新宿を先端技術の実証フィールドへ!
+4

5Gを活用し西新宿を先端技術の実証フィールドへ!

5Gを活用した先端技術実証フィールド構築に向けた取組をご紹介します。 西新宿を先端技術の実証フィールドへ!  東京都は西新宿をスマート東京の先行実施エリアと位置づけて、取組を進めています。西新宿では都民の皆様が日常的に先端技術を体験いただける実証フィールドを作っていきたいと考えています! スマートポールの面的整備  西新宿では令和2年度から、5Gのアンテナ基地局を搭載し、高速Wi-Fi、各種センサー、サイネージ等多様な機能を兼ね備えた次世代インフラである「スマートポール」

スキ
18
都市のデジタルツインって!?
―デジタルツイン実現プロジェクトWebサイトと3Dビューア(β版)開設!―
+5

都市のデジタルツインって!? ―デジタルツイン実現プロジェクトWebサイトと3Dビューア(β版)開設!―

1.デジタルツイン実現プロジェクトの情報発信Webサイト開設  少しご無沙汰でしたが、「都市のデジタルツインって!?」シリーズ第3回の発信です。  都では、「『未来の東京』戦略」においてデジタルツインの実現を掲げ、2021年度は「デジタルツイン実現プロジェクト」を進めており、有識者会議やセンサー等によるデータを活用した実証を行っています。  このような取組の進捗状況を定期的にお知らせするため、7月にWebサイトを開設し、サイト内には、サイバー空間上に東京を再現した「東京都デ

スキ
24
公務員が108の自治体に提案営業をやってみた~5Gがいつでもどこでも誰でもつながるようになるために~
+4

公務員が108の自治体に提案営業をやってみた~5Gがいつでもどこでも誰でもつながるようになるために~

■忙しい人のための本文のまとめ(概要)■ ・5Gエリア構築のために都の保有財産を開放し基地局設置を後押ししてきた ・都だけではまだまだ足りないので都内区市町村や他道府県にも提案した ・徐々に広がりつつあるとともにこちらが学ぶことも多かった  こんにちは。  今回は東京都の取組を他の自治体へ提案したというお話です。 5Gを広げるために取り組んできているが、、、  私の部署では、5Gのネットワークを早期に構築していくため、都が保有している財産(アセット)を開放して通信キャリア

スキ
36
都における自動運転に関する取組をご紹介します!

都における自動運転に関する取組をご紹介します!

 みなさん、こんにちは!今回は自動運転についてご紹介します。  デジタルサービス局では、「スマート東京」推進の一環として、自動運転技術を活用したサービスモデル構築の支援を行っています。  今年度のプロジェクトや自動運転で出来ることなど紹介していきます。 5Gを活用した自動運転の実証プロジェクトがスタートします!  2021年度は、西新宿エリアの新宿駅と都庁間などのルートで、5Gを活用して、自動運転車両を走行させます。  2023年度に西新宿エリアでの社会実装(日常的に自動運

スキ
20
東京都が実施した島しょ部の海底ケーブル敷設について紹介します!【海底敷設編】

東京都が実施した島しょ部の海底ケーブル敷設について紹介します!【海底敷設編】

 突然ですがまた問題です。 Q1 海底光ファイバーケーブルを整備するとき、特殊な船が島に向かうこととなっていますが、一般的にその船の名称はどれでしょう。     [ヒント💡 ケーブルを整備する際は「〇〇する」といいます。] Ⅰ.起重機船     Ⅱ.ケーブル敷設船     Ⅲ.ケーブル運搬船 Q2 現在、通信ケーブルを担っているのは、主に「メタルケーブル」と「光ファイバーケーブル」となっていますが、「光ファイバーケーブル」の通信信号はどれでしょうか。 [ヒント💡 光フ

スキ
43