マガジンのカバー画像

スマート東京の推進

75
「スマート東京の推進」や5Gを担当している 東京都デジタルサービス推進課とネットワーク推進課からの情報発信をピックアップしています。
運営しているクリエイター

記事一覧

次世代ウェルネスソリューション構築支援事業についてご紹介します

 みなさん、こんにちは!スマートシティ推進担当です。今回は、次世代ウェルネスソリューション構築支援事業について紹介させていただきます。  本件は、令和2年度に開始した事業で、企業・大学・自治体等と連携して、次世代ウェルネスソリューションの社会実装の実現に向けて、都民の健康増進に資する新たなサービスの開発を通じた課題解決、その社会実装に向けた方策の導出を支援する「連携プロジェクト」と、様々なデータを活用した新たなウェルネスソリューションの事業化に向けた「事業化促進プロジェクト」

スキ
6

都のデジタル化の現在地点を探る、インターネット通信環境及び利用状況調査についてご紹介します!

 皆さん、こんにちは!  今回は、昨年度に実施した、インターネット通信環境・利用状況調査(以下「調査」といいます。)についてご紹介させていただきます!  ぜひ、最後までご覧いただけますと幸いです。 東京都のデジタル化のものさし  早速ですが、皆さんに質問です!  現在、東京都内全域で、携帯回線がどれくらい普及しているかご存知でしょうか?  正解は…以下のようになっています!  いかかでしたでしょうか?  島しょ部も含め、東京都全域で概ねほとんどの人口をカバーできるほど

スキ
18

「スマート東京先行実施エリア」である豊洲において、複合開発区「ミチノテラス豊洲」がグランドオープンし、街びらきイベントが開催されました!!!

皆さんこんにちは!東京都では、デジタルの力で東京のポテンシャルを引き出し、都民が質の高い生活を送ることが出来る「スマート東京」の実現に向け、先端技術等を活用した分野横断的なサービスの都市実装を目指しています。  その様々な取組の一つとして、「スマート東京先行実施エリア」を設定し、5Gと先端技術を活用した分野横断的なサービスの都市実装を重点的に推進しその成果を都内市区町村に横展開していきます。  この度、「スマート東京先行実施エリア」の都心部として設定している豊洲において複合開

スキ
8

西新宿で様々な取組が!~~令和3年度第4回西新宿スマートシティ協議会 レポート~~

皆さんこんにちは。東京都では一昨年度から、地元のエリアマネジメント団体である(一社)新宿副都心エリア環境改善委員会と共同で西新宿スマートシティ協議会を運営し、地元企業をはじめとする様々なステークホルダーと連携しながら、西新宿の街をスマートシティにしていく取組を推進しています。 協議会について 西新宿スマートシティ協議会では、地域課題の抽出や解決策の推進に向け、テーマごとに取組を検討する4つのプロジェクトチーム(PT)/タスクフォース(TF)が活動しています。また、四半期に

スキ
22

西新宿5Gイベント閉幕。音楽やお笑いで技術を伝えた2日間

2022年1月22、23日の2日間、「5G Connected City 西新宿 2022 ~つながるまちと新たな生活~」というオンラインイベントを開催しました。 本イベントは、オンラインで5Gや先端技術に関する様々なコンテンツを「体感」していただくことで、都が進める「スマート東京」実現に向けた取組をより多くの方々に知っていただき、理解や共感をしてもらうことを目的としています。 新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、オンラインのみの開催となりましたが、西新宿の新宿中央公園から

スキ
20

都庁で活躍する小さなロボット(RPA)

こんにちは。今回は都庁内で進んでいるRPAを活用した業務改善について、デジタルサービス推進課 各局支援担当が紹介します。 RPAとは?Robotic Process Automationを略した言葉です。 RPAをパソコンにインストール等し、人間がパソコンを使って行う入力や照合等の作業について、予め処理手順を設定しておくことで、自動的に処理を行うことが可能になります。定型的・反復的な業務に活用することで、事務処理時間の縮減や作業の正確性の向上が期待できます。 RPAの利用

スキ
34

「都内で初となる、ドローンで複数の橋を横断する医薬品※配送プロジェクトを実施しました!」

 (※模擬品を使用)  昨年12月に引き続き、デジタルサービス局が取り組んでいるドローンを活用した物流ビジネスの実証プロジェクトについて紹介致します。  前回の記事では、竹芝でのフードデリバリー、日の出町での小売商品の配送プロジェクトを紹介致しましたが、今回は、今年度の最後となるプロジェクトとなった、隅田川上空での医薬品配送プロジェクトを紹介致します。 ★2022年2月8、9、16日に実施しました! https://www.digitalservice.metro.to

スキ
19

今回は、前回に引き続き、東京都が行った小笠原村への海底光ファイバーケーブル整備について紹介します! 【敷設工事編】

突然ですがまたまた問題です。 Q1  小笠原諸島は、海洋島として独自の進化を遂げた固有の動植物が多く、クジラやイルカをはじめ多くの海洋生物も生息している自然豊かな島々です。   しかし、手付かずの自然が豊かであった島も、太平洋戦争による戦局の悪化により、軍属等として残る人を除く全島民が昭和19年に本州等へ疎開することとなりました。終戦後、小笠原諸島はアメリカ合衆国の施政権下に置かれましたが、その後、日本に返還され、ようやく島民の帰島がかないました。  では、小笠原諸島がアメ

スキ
23

官民のトップが集結! 令和3年度TOKYO Data Highwayサミットを開催

 2022年1月21日に開催しました、令和3年度TOKYO Data Highwayサミット。今回のサミットは、新型コロナウイルス感染拡大の影響を考慮し、オンラインで開催しました。  オンラインでの開催ではありましたが、当日は例年以上の盛り上がりを見せ、各通信事業者から様々なご提案やご意見をいただきました!  今回のTOKYO Data Highwayサミットについて簡単に紹介いたします。 〇TOKYO Data Highwayサミットとは  TOKYO Data High

スキ
11

「東京データプラットフォーム ポリシー策定委員会」を開催しました ~ ポリシー案1.0→1.1へのバージョンアップ! ~

 東京都では、東京データプラットフォーム(TDPF※取組については、こちらをご覧ください)の構築に向けて、データのガバナンスを築き、適切な情報の取扱いとデータの利活用促進を両立させるために、令和2年度「ポリシー策定委員会」を設置し、ポリシー案(1.0)を策定しました。  今回は、法令の改正や今年度のTDPFの構築に向けた具体的なユースケース(ケーススタディ、ワーキンググループ(WG))を踏まえたポリシー案の改訂を検討するため、1月12日(水曜日)に開催した「TDPFポリシー策

スキ
15

「西新宿Smart City WEEK 2022」開催中!~西新宿スマートシティ協議会~

 皆さんこんにちは。東京都では昨年度から、地元のエリアマネジメント団体である(一社)新宿副都心エリア環境改善委員会と西新宿スマートシティ協議会を運営し、地元企業をはじめとする様々なステークホルダーと連携し、西新宿の街をスマートシティにしていく取組を推進しています。 「西新宿Smart City WEEK 2022」とは  西新宿スマートシティ協議会では、デジタル技術を活用した協議会の取組や西新宿で行われる様々な取組等を同時期に集中させ、未来の当たり前を体感いただくイベント「

スキ
14

【1/24(月)19時】「東京都デジタルサービス局のDX推進プロジェクト紹介」登壇者を紹介します!#HelloTokyo

 東京都は、DX 推進をより加速させるため、デジタルに関する専門性と豊富な経験を有する方を公募しています。また、業務内容を理解いただくため、1月24日(月)に、現職のデジタルシフト推進担当課長がこれまでに行ったプロジェクトを紹介するオンラインイベントを開催します。 今回は、イベントに先立って、登壇予定のデジタルシフト推進担当課長3名をご紹介します! ① 近藤 弘忠 課長 2019年12月16日入庁 2022年1月現在、デジタルサービス局戦略部所属 「行政ではすべての人々

スキ
11

チャットボット総合案内をリリースしました!

こんにちは!デジタルサービス推進課です。 この度、1月14日に「チャットボット総合案内」をリリースしました! ※チャットボットとは…チャット+ボット(=ロボット)を組み合わせた言葉で、人口知能を活用した自動会話プログラムです。 チャットボット総合案内とは?  これまで東京都の各局等から個別に提供されていた各種チャットボットや、それらが保有する回答を、一元的に案内することが可能となるサービスで、知りたい情報により簡単にアクセスできるようになります。 チャットボット総合案内

スキ
88

「都はドローンのビジネスモデル構築に向けた取り組みを支援しています」

 今回はドローンに関する取り組みをご紹介します。  デジタルサービス局では、ドローンを活用したビジネスの速やかな社会実装を目指すため、民間企業によるビジネスモデルの構築に向けた支援を行っています。  今年度のプロジェクトの詳細をご紹介したいと思います。 ▷東京都における取り組み  国※は2022年度に「レベル4」と呼ばれる有人地帯における補助者なしによる目視外飛行を実現するための制度整備を目指しており、東京都ではそれ以降の中長期的な事業確立に向けていち早く新たなビジネスの速

スキ
24