東京都庁

東京都広報課が管理する東京都公式noteアカウントです。

東京都広報課

東京都広報課発信。メジャーな都政からふだんあまり知られていない、地道に行っている都政などもご紹介します。

  • 15本

パラ選手と感染対策工夫しつつ、こんな交流しました

東京都広報課です。 東京2020オリンピック・パラリンピック(以下、東京大会)が閉会しました。 本来でしたら日本全国の自治体が各国の選手らと交流するなどのおもてなしをする予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で交流会などのイベントが大幅に減ってしまいました。その中で、感染症対策に気をつけながら、またオンラインでの交流など工夫を凝らして行った「ホストタウン」の取組をご紹介します。 ホストタウンって?ホストタウンは国が推進してきた事業で、日本の自治体と東京大会に参加する国とその

スキ
13

なんて美味しい野菜なの~農業する人を育てる・東京農業アカデミー八王子研修農場

東京都広報課です。 八王子駅からバスで10分程度のところに、東京で農業したいという人のための研修施設「東京農業アカデミー八王子研修農場」(以下研修農場)があります。約2万平方メートルという広さです。 2020年から開講し、いま第1期生と2期生が学んでいます。それぞれ都内に住み、研修に通ってきています。そんな研修生たちがどのように実習しているのか、今回は2期生の様子を見学してきました。 絶品玉ねぎを食べてしまって・・6月に研修農場産の新玉ねぎを使ったランチが都庁食堂で提供され

スキ
102

13年という大工事 都庁改修工事を追ってみました

都庁舎といえば西新宿の顔のような存在です。 平成3年4月に開庁してから早いもので30年が経過しました。設備機器の更新時期を迎え、24年4月、都議会議事堂から改修工事が始まりました。すべて終了するのは令和7年3月の予定。13年間という長い期間です。 工事があるからといって都庁の機能を止めることはできません。人の出入りがある中で執務室などの閉鎖や移転を順次繰り返しながら行う、大規模かつ長期にわたる改修工事は例を見ません。 平成23年に起きた東日本大震災のとき、都民が都庁舎に集まり

スキ
18

交通局だけど電気つくってます

水力発電は発電する際に二酸化炭素(CO2)を排出せず、水の循環サイクルによって再生できる環境にやさしいエネルギーです。その水力発電を交通局が行っているのをご存じですか? 交通局といえば、都営地下鉄、都バスなど交通事業者のイメージですが、電車に電気は必須。使うなら作ろう、と昭和32年から多摩川の流水を利用した水力発電の電気事業を行っているのです。 現在、交通局が管理している水力発電所は、多摩川第一発電所と白丸発電所(西多摩郡奥多摩町)、多摩川第三発電所(青梅市)の3か所。 こ

スキ
14

東京都広報課デジタルポータルサイト担当

「伝わる広報」実現のため、パーソナライズされた情報提供などができるデジタルポータルサイトを開設予定です。都の新人担当者が広報DXを行う中で感じたことや苦労話、疑問等を皆さんと共有し、アイディアや意見を募っています。

  • 6本

「スマートニュース連携、やってみた結果」【#広報DX】東京都の新人が広報DXをやってみた結果(現在進行形)#6

東京都広報課デジタルポータルサイト担当です。 明けましておめでとうございます。皆様のおかげで、昨年は様々な出会いに恵まれ、思わぬ展開に発展しつつある今日この頃です。思えば#1の宣伝ツイートを宮坂副知事にリツイートされてから、#3の記事でホンモノの神降臨につながり、都民の皆様からもたくさんのご意見・激励の言葉をいただき、さらには国や区市町村も含めた様々な関係各者とつながりを持つことができました。まだデジタルポータルサイトは完成していませんが、かけがえのない財産を得た気持ちです

スキ
19

「クッキーは、サードパーティからゼロパーティに」【#広報DX】東京都の新人が広報DXをやってみた結果(現在進行形)#5

東京都広報課デジタルポータルサイト担当です。前回、「早くも新しい出会いの予感」と書きましたが、お会いしてみてビックリ、なんと#3で勝手に紹介させていただいた、ユニバーサルメニューに関連の深い団体の幹部の方でした! なんとホンモノの神降臨★! いいのホントに?・・・なんか、ユーチューバーみたいな展開になってきましたよ?!(ドキドキ) noteの「中の人」です、と自己紹介させていただきました。持参された本が、まさしく私が買おうとしていた本『Universal Menu わかる

スキ
26

「行政のホームページからレコメンドされたら気持ち悪い?」【#広報DX】東京都の新人が広報DXをやってみた結果(現在進行形)#4

 東京都広報課デジタルポータルサイト担当です。私の試用期間もそろそろ終わりに近づき、正式採用までのカウントダウンが始まりました。「あとちょっとでも油断せず、車の運転とか気を付けて」と上司からのフリ?に、おののいて、異常なくらい一時停止もしっかり止まって指差し確認しています(笑)。  前回の#3の♡スキ が#2を超えて急に伸びたので、♡100を超えたら次を書くマイルールに追いつけませんでした。どなたかが拡散してくれているのでしょうか・・・?(ありがとうございます 汗) ●(

スキ
55

「行政のホームページにレコメンドは必要?」【#広報DX】東京都の新人が広報DXをやってみた結果(現在進行形)#3

東京都広報課デジタルポータルサイト担当です。皆様、ご意見募集アンケートご回答ありがとうございます。おかげさまで、8000件以上のアンケート回答をいただいております。参考になる情報も多く、とっても励みになっています。「みんな、オラに力を分けてくれ~!」 結果については後日、こちらのnoteでもご紹介し、皆様と一緒に考察していきたいと思います。 ●(今までの記事)【#広報DX】東京都の新人が広報DXをやってみた結果(現在進行形)マガジン⇒https://tokyo-metro

スキ
136

東京都マガジン

東京都庁関連のnoteをまとめています。

  • 284本

「スマートニュース連携、やってみた結果」【#広報DX】東京都の新人が広報DXをやってみた結果(現在進行形)#6

東京都広報課デジタルポータルサイト担当です。 明けましておめでとうございます。皆様のおかげで、昨年は様々な出会いに恵まれ、思わぬ展開に発展しつつある今日この頃です。思えば#1の宣伝ツイートを宮坂副知事にリツイートされてから、#3の記事でホンモノの神降臨につながり、都民の皆様からもたくさんのご意見・激励の言葉をいただき、さらには国や区市町村も含めた様々な関係各者とつながりを持つことができました。まだデジタルポータルサイトは完成していませんが、かけがえのない財産を得た気持ちです

スキ
19

東京の農業をデジタルの力で未来につなぐ

今回のnoteでは、デジタルの力で東京の農業を未来につなぐ「東京型スマート農業」の取組について、東京都農林総合研究センターにおうかがいし、スマート農業推進室の宮崎室長にお話をうかがいましたのでご紹介します。 東京の農業をDXでスマートに 東京の農業は、他の道府県と比較して農地が狭く、小規模で多品目の作物を栽培していることが特徴です。そのため、限られた農地でも効率的に付加価値の高い作物を生産し、高い収益を出せるよう支援していくことが重要となっています。 東京都農林総合研究

スキ
32

12/23(木)18時30分~「東京金融賞2021」金融イノベーション部門一次審査通過事業者によるピッチイベント開催

 東京金融賞金融イノベーション部門 支援プログラム*の一環として、Fintech協会12月活動報告会において、「東京金融賞2021」金融イノベーション部門で一次審査を通過したFintech事業者のうち、15社によるピッチ(企業概要や製品等のプレゼン)イベントを開催いたします。 Fintech協会会員企業以外の方もご参加可能です。 イベント詳細・参加登録はイベントページをご覧ください。 定員がございますので早めの参加登録をお勧めします。 *支援プログラムとは、一次審査を通過

スキ
9

【第4回】InvestTokyoオンラインイベント「Focus in Tokyo」を実施しました!

※ 第1回目の記事はこちらに、第2回目の記事はこちらに、第3回目の記事はこちらに掲載しております。   みなさん、こんにちは。InvestTokyoオンラインイベント「Focus in Tokyo」第4回目を実施しましたのでご紹介します。  今回は「エコシステム」をテーマに、テルアビブを中心としたスタートアップ企業等を対象として実施しました。  イスラエルの人口第2位の都市、テルアビブ。日本ではなかなか馴染みのない都市かと思いますが、皆様はご存じでしょうか…?  実はイス

スキ
6

"東京が変わる。そのために都政が変わる"

"東京が変わる。そのために都政が変わる" デジタルの力で都政の仕事を大きく転換し、都民サービスの飛躍的な向上を実現していく「都政の構造改革推進チーム」からの情報発信をピックアップしています。

  • 45本

東京の農業をデジタルの力で未来につなぐ

今回のnoteでは、デジタルの力で東京の農業を未来につなぐ「東京型スマート農業」の取組について、東京都農林総合研究センターにおうかがいし、スマート農業推進室の宮崎室長にお話をうかがいましたのでご紹介します。 東京の農業をDXでスマートに 東京の農業は、他の道府県と比較して農地が狭く、小規模で多品目の作物を栽培していることが特徴です。そのため、限られた農地でも効率的に付加価値の高い作物を生産し、高い収益を出せるよう支援していくことが重要となっています。 東京都農林総合研究

スキ
32

「テストしないものはリリースしない。」都庁でユーザーテスト、実施しました。

「テストしないものはリリースしない」を合言葉に、都政の構造改革推進チームでは、本年9月1日、都庁職員向けの「ユーザーテストガイドライン」を公開しました。 都民の利便性を上げ、行政の効率化を進めていくためには、ウェブサイトやアプリ、システムなどデジタルサービスの導入が急務ですが、私たちが目指すのは、単なるデジタル化ではなく、QOS(Quality of Service)の高い、すなわち、誰もが使いやすい、品質の高いデジタルサービスを開発することです。 そのためには、リリース

スキ
38

都庁に入って半年の私が、完全オンラインで実施したはじめてのICT職インターンシップ

東京都では、都政のDXを強力に推進するため、デジタル人材の確保と育成を積極的に進めています。12月4日に開催予定の都庁の一大採用PRイベント「都庁セミナー2021」でも、新しい「ICT職」の専用ブースを設けています。ご興味のある方はぜひ、ご参加ください。 さて、今回のnoteでは、ICT職の採用PRを担当しているデジタルサービス局の菊地さんに、入都半年で担当した都庁ICT職のインターンシップでの奮闘ぶりを中心に、都庁で働く魅力について伺いました。 まずは自己紹介:ICT人

スキ
91

都知事杯オープンデータ・ハッカソン開催~参加者大募集!~

都政の構造改革では、行政が保有するデータを積極的に公開し、シビックテックや民間企業等に活用いただくことで、都民のQOL向上につなげていく取組を行っています。 この取組を加速するため、この度、東京都のオープンデータを活用して行政課題の解決に向けたデジタルサービスの提案を行う「都知事杯オープンデータ・ハッカソン」を開催することになりました。 現在、令和3年12月8日まで、参加者を大募集中です! 今回のnoteでは、このハッカソンの概要と、東京都のオープンデータの取組について

スキ
34

世界に冠たる「国際金融都市・東京」の実現へ

東京都国際金融都市担当のnoteをまとめています。

  • 54本

12/23(木)18時30分~「東京金融賞2021」金融イノベーション部門一次審査通過事業者によるピッチイベント開催

 東京金融賞金融イノベーション部門 支援プログラム*の一環として、Fintech協会12月活動報告会において、「東京金融賞2021」金融イノベーション部門で一次審査を通過したFintech事業者のうち、15社によるピッチ(企業概要や製品等のプレゼン)イベントを開催いたします。 Fintech協会会員企業以外の方もご参加可能です。 イベント詳細・参加登録はイベントページをご覧ください。 定員がございますので早めの参加登録をお勧めします。 *支援プログラムとは、一次審査を通過

スキ
9

【第4回】InvestTokyoオンラインイベント「Focus in Tokyo」を実施しました!

※ 第1回目の記事はこちらに、第2回目の記事はこちらに、第3回目の記事はこちらに掲載しております。   みなさん、こんにちは。InvestTokyoオンラインイベント「Focus in Tokyo」第4回目を実施しましたのでご紹介します。  今回は「エコシステム」をテーマに、テルアビブを中心としたスタートアップ企業等を対象として実施しました。  イスラエルの人口第2位の都市、テルアビブ。日本ではなかなか馴染みのない都市かと思いますが、皆様はご存じでしょうか…?  実はイス

スキ
6

ブレイクスルー感染に注意しましょう!

こんにちは。東京iCDC事務局です。 ワクチン接種や継続した感染対策により、10月以降の新規陽性者の発生は抑えられています(12/8時点で、新規陽性者の7日間平均は約16人)。 一方で、ワクチン2回接種済みでも感染してしまう、いわゆる「ブレイクスルー感染」が発生しています。今回は、ブレイクスルー感染の特徴や留意すべきポイント等をご紹介します。 ブレイクスルー感染ワクチンの発症予防効果は100%ではありません。また、ワクチン接種から期間が経過すると抗体価の低下により、感染リス

スキ
15

Access to Tokyo事業 ファムトリップを実施しました!

Access to Tokyo事業では、東京都の施策や市場の魅力等について広報のため、ロンドン、パリ、サンフランシスコ、シンガポールに連絡窓口(Access to Tokyo)を設置し、外国企業、ハブ組織、商工会議所、メディア等に向けて情報発信等を行っています。 今回、Access to Tokyo事業の広報活動の一環として、海外ハブ組織やスタートアップ企業に影響力のあるインフルエンサーを、窓口設置国を中心に選出し、東京の市場やビジネス環境等を紹介するプロモーションツアー、

スキ
10